うろこ雲が綺麗だった
その晩に
安納いもをふかしていると
ふとチャイムがけたたましく鳴った
 ....
特に声を大にして主張したいことではなくとも、「これは否定したい!」と思うことがあれば、こちらに書いて .... ドブ川に、真っ赤なバラを突き刺した、
ような東京タワーの夜景よ。


ひとごみをかき分け歩く ....
雨の降る中
紅のツツジが
二輪落ちた
白屏風の前に
寄り添いながら
音もなく
香りも残さ ....
日本語と格闘します歌詠みは傷つく事で1首詠む

今はもう夫婦生活ありません歌詠む事で忘れています ....
春が深まると
ツツジが咲き始めて
やがて満開になる

鮮やかな色が集まって
人々を惹きつけ ....

 青く澄み渡る空の下、高原の塔の前に立つ。
 息を吸い込むたびに体が宙に浮いてゆく。
 時代 ....

長いこと
閉じ込めてきた
それはもういつの話?
あやつり人形も
願いの叶うネックレスも
 ....


短歌専用スレッドです。原則として一記事に一首。連作は禁止。
本気!浮気? …どちらでも。  ....
女の体の一部始終なんて知らなかった
この体が欲望の塊になっても
女の体の一部始終を知ろうなんて思 ....
ほろほろ、泣く声。

季節なんて、ないんだ
ただ、海があるだけ。

終着駅も、ないんだ ....
人と人の間の
カキネのカベを、壊す時
遠い空で
合図の笛は鳴るだろう  





 ....
前日 Home 
2018年5月26日
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
集金人葉山美玖自由詩018-5-26 7:50
これは否定したい!6会議室18-5-26 7:26
憧憬の街秋葉竹短歌118-5-26 6:52
落花カズくん自由詩018-5-26 6:47
歌詠みはこたきひろし短歌018-5-26 6:36
ツツジ夏川ゆう自由詩018-5-26 5:08
塔と鐘ヒヤシンス自由詩318-5-26 4:58
シャープの最後竜門勇気自由詩018-5-26 1:19
ながしそうめん9軒目会議室18-5-26 0:57
殺したいほどにこたきひろし自由詩018-5-26 0:55
ほろほろ、泣く声。 が聴こえない、 こともある。 嘘秋葉竹自由詩118-5-26 0:40
空の声服部 剛自由詩218-5-26 0:29
12rows, 0.37sec.