完成しない巻頭詩
 
揺らめく油提灯 
転がってゆく石英 
増殖する火場 
そっと忍び寄る身の丈五寸の少年 
群青の空に宮殿 
音と光の行方 
着信音が一回鳴った 
遥か丘の陣だいこ 
たしかにそれは仲工事 
細長く横たわる影法師の下 
目を凝らすと 
虹の彼方に原田泰造 
光も届かぬ深みから 
鋭角な日光軍団 
平行四辺形の欺瞞 
雲母の飛行船 
無表情の朝 
裏門の石段を 



トップ