[636]ふるる[2017 04/24 21:06]
行ってきました「丹阿弥丹波子銅版画展」シロタ画廊


丹阿弥丹波子氏は御歳89になられる銅版画家。画業50年以上だそうです。メゾチントという技法で、はじめに砂粒くらいの小さな傷を銅板一面につけてゆく。大きいものは1年がかりという、気が遠くなるような作業です。この方の作品の黒い部分が、しーんとしててステキ。かっこいい。画廊に行ったらご本人がいらっしゃって、少しお話しました。路傍の草花がお好きだそうです。生で見たら、削り跡が本当に細かくて細かくて、夜空の無数の星を見てるような、吸い込まれるような感じでした。

画廊のすぐ近くだったのでオープンしたばかりの
[次のページ]
戻る 書込