[2]fiorina[2017 05/06 00:23]
京都のビルウオッチングがたのしい。新造のビルの色彩と線の饗宴、負けじと古い町並みも日々の営みが瞬時も損なわれることなく、その外観を変貌しつつある。軒先の小さい庭、水を湛えた鉢、花街が美しい舞いのように生き生きとした緑で指先まで張り詰めている。
戻る 書込