ヘルプ/ルールブック
ヘルプトップ - 操作方法
ログイン不能を避けるために A12条
この条項について A12S44項
現代詩フォーラムへのログインが不能になることを避けるために必要な注意、推奨事項を説明します。
詳細(1) A12S35項
現代詩フォーラムに登録したログイン用のメールアドレスはメールを受信できる状態にあるようにしてください。
そのメールアドレスを廃止する場合は、現代詩フォーラムに登録したメールアドレスを、メールの受信が可能なメールアドレスに変更してください。さもないと、現代詩フォーラムのログインパスワードを忘れた場合にパスワードを入手できなくなりログイン不能になります。登録メールアドレスの変更はトップページのメニューにあります。
現代詩フォーラムは、ログインの際、メールアドレスの頭文字と会員番号でログインすることができますが、登録したメールアドレスも忘れないようにしてください。現代詩フォーラムの退会時にはメールアドレスの入力が必要です。
詳細(2) A12S278項
携帯メールやOpenIDを設定することで、ログイン不能になるリスクを減らすことができます。
登録したログインメールアドレスが廃止されており、かつ、パスワードを忘れてしまった場合、
注意 A12S182項
現代詩フォーラムはユーザーIDまたはメールアドレスとパスワードの組み合わせによって個人を識別します。したがって、ユーザーIDまたはメールアドレスおよびパスワードを提示できない者は同一会員とは認めません。

免責 A12S36項
ログインできなくなったユーザーが自分の投稿作品の削除を現代詩フォーラムへ依頼しても、依頼者が投稿者と同一人物かどうか現代詩フォーラムでは判断できないため、作品の削除には応じられません。
ユーザーがログイン手段を失ったことによる損失損害について現代詩フォーラムは一切その責任を負いません。
関連条項
利用規約
新規登録
Yahoo!OpenID、MixiOpenIDについて
ログインできないとき

この内容は利用規約に準じます。
トップ - ヘルプトップ