無限の樹形図/ミナト 螢
 
絞り出すように
言葉を紡ぐ

賞味期限のない
ケチャップみたいに

延々と垂れ流し
血液と合流する

赤い眼差しが
落とした

樹形図が伸ばしていく
枝の数だけ
生まれる言葉を

どんな風に
扱えば良いのか
足踏みしながら

甘酸っぱい
林檎の実をもぎ取り
奥歯で探す無限の夢を
戻る   Point(0)