小鳥と少女の呟き/田中修子
 
ひさしぶりに
そうして
はじめて
おともだちとあって
懐かしいように
つばめグリルでごはんとお茶をした。

三時はなんだかさみしい
おひさまがさがって
夕暮れがくるから
おわかれ
淡いピンクや金にきらめく頬をしてみとれた
人にたくさんみちを譲ってきたひとの
優しい皺をしていた
わたしたちはくすりを飲んでいる。

からだを
ことばに
ゆだねるみたいにして
綴ること
わすれることのありませんよう
自分の音色で
囀りたいんだ。

広いお城でひとりぼっちでいた
少女は
鳥かごに入れられてひとりぼっちだった
小鳥と
おともだちになりました
ふたりは詩
[次のページ]
戻る   Point(1)