少女1000人分の問題/平井容子
 

わたしはそのために干物となった母が必要とは思わない
けして割れないと思っていたココナツが割れ
そこから白い乳の宇宙へ出る
三つ編みは2本のストロウ
吸いつくすあいだにひとりずつ老婆になる
どこからがあなたかがわからなくなるから
わたしは自分のなまえをなくすのも
ひとつも怖くないのだった
来光を反射する白いひたい
体からでていく順番をおもうとき
はじめて母はうるおいふやけいま一度血を流す、そうあるように

戻る   Point(1)