ダン・ファンテ「天使はポケットに何も持っていない」1998年/中田満帆
 
ダン・ファンテ「天使はポケットに何も持っていない」1998年
Dan Fante - "Chump Change" Sun dog Press



人生が俺に愛想をつかしてしまったのだ。



 おれがアルコール中毒と診断されてひさしい。'10年の3月、西成区萩之茶屋──通称釜ヶ崎でおれは喰いつめてた。というのも去る年の暮れ、おれは羽曳野市にある丹比荘病院精神科を追いだされ、西成区役所の精神保健福祉に助けを求めた。相談員は少しばかり理解を示し、いっときはアルコール症専門病院への提案もなされたが、CWが父に電話をかけ、おれは実家に帰ることになった。年
[次のページ]
戻る   Point(2)